English
 Home

 People
 
 Research

 Projects
 Research highlights
 Equipments

 Publications

 Photo gallery

 Links

 Contact info

国立大学法人
名古屋工業大学
466-8555
名古屋市昭和区御器所町

<進行中のプロジェクト>


基盤研究(B)
「振動ラマンおよび電子ラマン散乱計測による電極/電解質界面における動的構造の解明」(代表:池田)
電極/電解質界面の動的構造や電子状態を新規分光学的手法にて同時計測することで電気化学反応への影響を解明
2021.4-


挑戦的研究(萌芽)
「ナノ構造化グラフェンの波長圧縮効果による低エネルギー光計測技術の革新 」(代表:池田)
グラフェンの光アンテナ効果を分光測定に活用する萌芽的研究
2021.7-

基盤研究(C)
「イオン液体中の電気化学反応に伴う溶媒再配置プロセスの解明 」(代表:本林)
イオン液体中の電気化学反応における反応種と結合した溶媒イオンの役割解明
2021.4-


<終了プロジェクト>

若手研究
「CO2還元反応の高効率化に向けたイオン液体の界面構造制御」(代表:本林)
2018.4-2021.3

挑戦的研究(萌芽)
「長距離伝搬モードを利用した非プラズモニック金属のプラズモニクス利用」(代表:池田)
プラズモン共鳴の弱い金属表面においてプラズモニックな光機能を実現するため長距離伝搬モードの利用
2018.7-2020.3

CREST特定課題調査 (代表:池田)
2018.10-2019.3

ナノ材料科学環境拠点(Global Research Center for Environment and Energy based on Nanomaterials Science, GREEN)
「電極触媒界面の最適化と構造解析」~新規界面振動分光法を用いる電極触媒/吸着分子界面の構造解析と新規電極触媒開発
2010.4-2015.3    北大参画機関(代表:池田)
2014.10-2019.3   電極触媒精密設計グループ・・・国立研究開発法人物質・材料研究機構 | NIMS内 (グループリーダー:池田)

基盤研究(C)
「テラヘルツ振動領域における電極表面のその場観察法の開発」(代表:池田)
表面敏感かつその場観察可能な新規振動分光法の開発
2015.4-2018.3

JSTさきがけ | エネルギー高効率利用と相界面
「構造規制相界面における重たいフォトンの利用」(代表:池田)
プラズモン共鳴による光捕集と分子集積による機能設計を組み合わせた光エネルギー変換の高効率化
2011.12-2017.3

若手研究(A)
「キラルなナノ空間に閉じ込めた光とスピンの協同効果 」(代表:池田)
プラズモン-スピン-キラル構造の共存における新規協同効果の探索
2012.4-2015.3

挑戦的萌芽
「ナノ熱源を利用したグラフェンのナノパターン形成 」(代表:池田)
金属ナノ構造に光励起したプラズモン共鳴の緩和過程を利用した局所熱加工技術の開発
2012.4-2014.3

新学術領域:分子ナノシステムの創発化学
「構造規制表面におけるソフトナノリソグラフィと分子集積を利用した光機能創発 」(公募班代表:池田)
光誘起構造相転移を起こす分子のナノ集積による機能創発
2011.4-2013.3

若手研究(B)
「金属-分子-金属接合における量子論的振る舞いに基づく光学および電気特性の研究 」(代表:池田)
金属ナノギャップに誘起されるプラズモン共鳴特性と分子コンダクタンスの関係
2010.4-2012.3

特定領域:光-分子強結合反応場の創成
「有機超薄膜におけるプラズモン増強光電変換 」(公募班代表:池田)
2008.4-2009.3
「ボトムアップ型光-分子強結合場における有機超薄膜の高効率光電変換 」(公募班代表:池田)
2009.4-2011.3
プラズモン共鳴による光誘起電子移動効率向上の基礎的研究
(その他)
・ ナノ光源による光学禁性遷移励起の可能性とその光電気化学的利用
・ ブロードバンド2次元CARS法による触媒表面吸着分子種の構造とダイナミクスの観察
・ 化学修飾カーボンナノ物質のハイパーラマン分光
・ 時間分解-近接場非線形光学顕微鏡による光誘起反応の観察


<企業との共同研究実績>
出光花王デンソートヨタ中央研究所

<卒業研究の題目> 
2020年度
(修士論文)
・ 超広帯域表面増強ラマン分光法による金電極/水電解液界面の計測 (池田G)
・ 金―チオール接合構造が界面電子移動に与える影響 (池田G)
・ 鉄フタロシアニンの配位状態制御による酸素還元活性の向上 (池田G)
・ イオン液体中におけるCO2電解還元の反応メカニズム (本林G)
(卒業論文)
・ 二次元ナノ周期構造を利用したプラズモニック薄膜作製の検討 (池田G)
・ 分子修飾電極の界面構造制御による光誘起電子移動の高効率化 (池田G)
・ イオン液体/電極二重層界面において電位で誘起される構造変化の温度依存性 (本林G)
2019年度
(修士論文)
・ 長距離伝搬型表面プラズモンモードを用いた白金電極表面の増強ラマン観察 (池田G)
・ 電極界面近傍における溶媒和イオン液体からのLi+脱離挙動の観測  (本林G)
(卒業論文)
・ 表面増強ラマン散乱において界面構造が電荷移動共鳴に与える影響 (池田G)
・ 赤外プラズモニクスに向けたグラフェンナノ構造の作製 (池田G)
・ 電極界面におけるリチウム塩濃厚電解液の構造観察 (本林G)
2018年度
(修士論文)
・ 電極界面の構造解析に向けた超低波数振動分光法の開発 (池田G)
・ ポルフィリン修飾金電極の界面構造規制と光誘起電子移動反応への影響 (池田G)
・ Co電析反応の制御を目指したイオン液体/電極界面反応場の構造解析 (本林G)
(卒業論文)
・ 超低波数領域のプラズモン増強ラマン分光法による電極表面状態の計測 (池田G)
・ 金ーフェロセンチオール界面における電子移動速度の計測 (池田G)
・ イオン液体中におけるCO2電解還元反応のメカニズム解析 (本林G)
2017年度
(卒業論文)
・ Pt電極触媒の高感度観察に向けた長距離伝搬型表面プラズモンモードの研究 (池田G)
・ 鉄フタロシアニンを用いた酸素還元電極触媒モデルにおける酸性条件下での活性制御 (池田G)
・ Li+包摂型イオン液体/電極界面におけるLi+脱離挙動の直接観測 (本林G)
2016年度
(卒業論文)
・ 有機単分子層/単結晶金電極界面の超低波数領域におけるプラズモン増強ラマン観測  (池田G)
・ 単分子膜のナノ構造化に利用する金属微粒子テンプレートの除去方法に関する検討  (池田G)
・ 表面増強赤外吸収分光法によるピロリジニウム型イオン液体/金電極界面の構造と電位応答の直接観測  (本林G)

2006-2015年度 (池田G)
(博士論文)
・ Study on the Relation between Interfacial Electronic Connection and Functionality of Chemically Modified Electrodes
   (分子修飾電極における金属-分子界面接合と機能性の解明)

(修士論文)

・ 自己組織化単分子膜のナノドット構造化とその電気化学応答の評価
・ 遷移金属を用いた機能性プラズモニック材料の研究
・ 表面原子配列を制御した電極における吸着分子構造の電気化学‐表面増強ラマン観察
・ ナノ熱源によるシリコン表面の位置選択的な分子修飾に関する検討
・ 逐次連結による分子集積膜の構築とその電気化学及び光電気化学特性の検討
・ 高活性な電極触媒開発に向けた電極の構造制御とその表面観察
・ 光電気化学的手法による機能性界面の構築と構造評価
・ ギャップモード増強法を用いた構造規制界面のラマン観察と触媒金属-分子間相互作用に関する研究
・ 光機能性有機単分子膜におけるプラズモン増強効果の検討
・ ギャップモード増強ラマン散乱を利用した有機分子-金属単結晶界面の電子状態に関する研究
・ ポルフィリン類の励起状態及び光誘起電子移動過程の観察
・ ギャップモードを利用した増強ラマン法による構造規制電極-有機分子界面のその場観察

(卒業論文)
・ 自己組織化単分子膜における電気化学的ナノドット形成とその導電性AFM測定
・ 白金族ナノダイマー基板における環境応答型プラズモン共鳴の研究
・ Au単結晶電極上におけるイソシアニド単分子膜のin-situギャップモード増強ラマン観察
・ 機能性分子の逐次連結による光電変換有機超薄膜の構築
・ 機能性ナノ界面の構築に向けた複合単分子膜作成の検討
・ SERS不活性な白金上における有機単分子層のギャップモード増強ラマン観察
・ 有機超薄膜におけるプラズモン増強光電変換
・ 有機分子層-金単結晶構造の電気化学条件下における増強ラマン観察
・ プラズモン共鳴を利用したシリコン表面上への有機分子ナノリソグラフィーの試み
・ ポンプ-プローブ法によるキラルな金属錯体の励起状態観察
・ 振動スペクトルに及ぼす金属/有機分子/金属構造の効果